HOME > 事業報告
新型コロナウイルス感染拡大防止対策ガイドライン講習会
202074日(土)広島県民文化センターホールで開催しました。

 
 新型コロナウイルス感染症の影響により、神楽公演の機会は、定期公演をはじめ、各種共演・競演大会など、3月から6月末の間で約100公演が中止となり、7月以降も再開の目途が立っていない状況です。
 また、多くの神楽団では、練習自体も取りやめており、こうした状況が今後も続くと、広島神楽の衰退の危機にも繋がりかねません。
 今回神楽に関わる様々な関係者が結集・連携し、神楽団が安心して、練習・公演ができるよう「神楽団の練習再開に向けたガイドライン」講習会を開催させていただきました。
 多くの神楽関係者の皆様にご参加いただきありがとうございました。
 今後の活動の一助になれば大変うれしいです。


講習会の記録を動画配信しています。

 
「新型コロナウイルスの現状と今後の課題」
講師 広島大学 学術院 大学院医系科学研究科
       公衆衛生学 教授 久保 達彦 氏
 
「感染防止対策ガイドラインについて」
広島県環境県民局文化芸術課 課長 岡村 恒 様
 

 
当日の「感染防止対策ガイドライン」の資料も掲載させていただきましたので、練習再開の参考にしていただければ幸いです。
 

▼チラシPDFダウンロード▼